日本語教師

【資格無しOK】オンライン日本語教師の始め方

 

皆さん、こんにちは!Suzunoです^^

私は現在、オンラインレッスンのサイトで日本語教師をしています*
様々な国の方と関われる日本語教師は大変なこともありますが、充実した楽しい仕事です。

今回は私がしているオンライン日本語教師についてお話ししようと思います。

 

オンラインの日本語教師ってどんなことをするのかな??
特別な免許は持っていないけど日本語教師ってできるのかな?

 

こんな疑問をお持ちの方にオススメの記事です。

100回以上オンラインレッスンを行なった経験から皆さんに
日本語教師についてお伝えしていこうと思います。

 

 

オンライン日本語教師のなり方

オンラインは基本的に免許なしでもできる

オンラインの日本語教師は基本的に免許がない方でも活躍できます。
(しかし、生徒に向き合うためにも個人的な日本語教育の勉強は必要です。)

私も現在は日本語教育に関わる資格を持っていません
10月の試験に向けて勉強中の身ですが、ありがたいことに固定の生徒さんも付き、
100レッスン以上のレッスンを行うことができました。

 

オンラインで日本語教師をしている方の多くが
サイトに登録して仕事を行なっています。

そのサイトをみていると日本語教師としての資格である「日本語教育能力試験」合格者「420時間の養成講座」受講済みの先生はもちろんいますが、

日本語教育に関わる資格を持っていない先生も多くいらっしゃいます。

人気講師のランキングの中にも免許を持っていない先生がたくさんランクインしているので
自分のやる気さえあれば免許の有無は乗り越えられる問題です。

 

\私が教えているオンラインサイトはこちら/

いきなり先生にならなくても生徒としてCafetalkを始めるのもおすすめです*
オンラインレッスンの雰囲気を掴めたら教師デビューも考えてみましょう!実際に私がそうでした!

こちらのリンクから登録すると500ポイントもらえるので1レッスン分無料で受けられます。現役の先生の指導法やスカイプの使い方などもこの機会に学ぶことができます◎

 

それではレッスンをする上でどのようなことを気をつけて行なっているのか
「レッスンをする上での心構え」について紹介します。

 

 

レッスンをする上での心構え

私がレッスンをする上で心がけてることをまとめておきます。

生徒のニーズに答えるレッスン作り

オンラインレッスンは基本的に1対1の対面レッスンです。

教室の授業のようにたくさんの生徒を相手にするわけではないので、
レッスン時間は1人の生徒に向き合うことが大切です。

そのためにニーズ調査はしっかりと行います。

  • 勉強をする目的は何か
  • どうやって勉強しているのか
  • 日本語を使って将来したいことはあるか  etc

上記のことは初回のレッスンで必ず聞きます。

勉強の目的は「将来日本で生活がしたい!」、「漫画を楽しく読めるようになりたい。」など様々です。

2回目のレッスンからは生徒のニーズに合わせた教材やレッスンを考えて行います。

 

日本語教育についての勉強をする

最初に資格なしでもオンライン日本語教師は行えると言いましたが、
日本語教育や言語についての勉強は必須だと考えています。

実際、レッスンを行うと自分の実力不足を実感し、
勉強したいという気持ちが強くなります。

今回は私が初めてのレッスンを行う前に勉強した教材と本を紹介します。

 

ユーキャンの日本語教師養成講座

私は日本語教師の勉強を何から始めたらいいか分からなかったので、
1度で教材が全部揃うこちらの講座を申し込みました。

大手の日本語教師養成講座の値段比較は以下の通りです。

生涯学習のユーキャン
(通信)
約5万9000円
アルク(通信) 10万3400円
ヒューマンアカデミー☆(通学) 約60万円

 

通学の講座を行なっている学校は基本的に50〜60万円ぐらいが相場です。

ヒューマンアカデミーには資料請求もして、一時期通おうか悩みましたが
時間と値段がネックで諦めました><

通信講座も色々ありますが、ユーキャンは通信講座の中でも手軽な値段で、試験対策の添削もしっかり用意されていたので社会人は勉強しやすいと思います。

基本的にどの学校も資料請求は無料なので気になる講座があれば資料請求してみるのがおすすめです^^

詳しくはこちらの記事も参考にしてください*↓

【2021年版】日本語教育能力検定試験の勉強法とおすすめ教材【独学半年で合格】 みなさんこんにちは!Suzunoです^^ 先日、日本語教育能力試験に合格しました!!!! ...

 

 

もしもあなたが外国人に「日本語を教える」としたら

この本は日本語教師で活躍している先生たちが、日本語教師を目指す人におすすめしたい本の1冊として有名な本です。

初めてのレッスンが決まってどうしていいか分からない時にこの本を読みました。

著者が「この本を読み通せば、初歩の日本語が教えられるようになることを目指しています。」と前書きに書いてある通り、

日本語教育の基本的な事項が網羅されています。

日本語教師について知りたい!そんな方にもおすすめの1冊です。

 

 

日本語で外国人と話す技術

 

日本語教育というと、外国語ができなければ!と思っている方はいませんか??

私も正直、最初は英語もできないと、、!と思っていましたが、
日本語教育は基本的に日本語で行われます。

外国人が理解しやすい日本語を話すコツがこの1冊にまとめられていますので、
これからレッスンを行うけど、不安!!という方にぜひ読んでもらいたい本です。

 

値段設定はあまり下げすぎない

日本語教育業界はお金にならないと聞いたことありませんか??

実際に話を聞いていると、学校で働いている先生も非常勤の方が多く、
収入が安定しない、、という話をよく聞きますよね。

私は仕事をするからには値段設定を下げすぎない。ということも大切だと考えています。

オンラインのサイトに登録している先生たちを見てみると、
30分400円など格安で行なっている先生もいます。

サイト側の取り分も考えると先生の手取りは30分250円ほどです。

もちろん、大手のサイトは古参の先生が実績がある分、
新人の先生たちが生徒を集めるのが難しくて格安で行なっている方が多いのだと思いますが、その行為が日本語教育業界の相場を下げているということを忘れてはいけません。

値段を下げると一時的に生徒は集まるかもしれませんが、生徒の質も下がります。

自分が一生懸命勉強して、良いレッスンができれば
多少値段が張っても生徒はついてきてくれます。

初めてレッスンを行う人は特に練習としてやりたいと考えて値段設定を低くしがちですが、
挑戦するのであれば相場の料金設定にし、それに見合ったレッスンをするために努力すればいいだけです。

 

これから日本語教師に挑戦する方はこのことを頭に入れておいてくださいね*

 

オンライン日本語教師の始め方 まとめ

今回はオンライン日本語教師の始め方について紹介してきました。

日本語教師をしてみたいけど、自分にあっているか分からない、、という方はぜひオンラインで挑戦してみるのもおすすめです。

ぜひ、気になっている方は勇気を出して一歩を踏み出してみてくださいね。

それでは안녕~!!

 

私が日本語教師に挑戦しようと思った理由 みなさん、こんにちは!Suzunoです。 以前、インスタでこんな質問をいただきました! 質問ありがと...

https://suzukorea.com/2019/12/29/0068-audible/

 

 

 

 

コメントをどうぞ♡